とうめいなたべものをさがしにいく

しゃしん・しぜん・たべもの・くらし・そのた雑記

まじり気のない(0720)

家から車ですこしのところに直売スーパーができた。スーパーのほかにベーカリーや喫茶店、居住区や病院やジムや指導塾なども同じ敷地内に大集合していて、その範囲の中だけで日常生活がほぼまかなえてしまうというなんとも近代的でべんりな空間だった。

f:id:jemmyjem:20180720050559j:plain

スーパーは自然食品店寄りの品ぞろえになっていて、オーガニック栽培の野菜や和三盆糖や味つけしていない黒豆エキスなんかが並び、普通のスーパーにはないよきものがたくさんで心おどる。

どうしてもかわいくてパッケージ買いしてしまった(ありがち)ヨーグルトは、熊野水木からとれたお気に入りのハチミツを混ぜ、粗く砕いたラズベリーのスコーンをこんもりのせて食べた。

f:id:jemmyjem:20180720050606j:plain

白とピンクとグリーンの花芽が魅力的な花ニラは、意外と硬く、にんにくの芽のような歯ごたえが印象的だった。母はこれをピーラーでむいた人参と合わせてガラムマサラで炒め、夕飯のおかずを作った。
花がかわいいからと、2本だけ料理に使わず小さなガラスの花びんに活けていた。

梅雨なのに桜まみれ(0629)

まいにち蒸しますね。湿気と暑さがめっぽう苦手なので、気分がぶすぶすと停滞中。

バンドが解散する時みたいに“方向性の違い”という理由で夏と別々の道を歩めたらいいのに、と思っている。

f:id:jemmyjem:20180407072858j:plain

少しでも暑さを遠ざけようと、春に撮った桜の写真をいくつか載せることにしました。

けっして、撮り溜まったものの更新をサボっているうちに時期が噛み合わず陽の目を見ていなかった写真たちを消化しにかかっているわけではないです。
桜がなつかしくなる頃合いを見計らって、涼(?)を提供してみようというわけです。

f:id:jemmyjem:20180407072702j:plain

桜が満開のころ、だいすきな神代植物公園へ。ここは雑木林の中など真夏でもすうっと涼しいので、春の時期以外にもぜひ。作り込まれすぎていない雰囲気がさいこう。

f:id:jemmyjem:20180407072847j:plain
f:id:jemmyjem:20180407073130j:plain
f:id:jemmyjem:20180407073256j:plain
f:id:jemmyjem:20180407073414j:plain
f:id:jemmyjem:20180407073427j:plain
f:id:jemmyjem:20180407073520j:plain
f:id:jemmyjem:20180407073532j:plain
f:id:jemmyjem:20180407073543j:plain

枯れかけの紫陽花のようなお花、とてもきれい。
f:id:jemmyjem:20180407073740j:plain
f:id:jemmyjem:20180407073758j:plain

影がたくさんあるところが神代植物公園の魅力だとおもう。森のなかみたいで落ち着きます。
f:id:jemmyjem:20180407073631j:plain

桜が町じゅうにあふれていたころが、すでにひとむかし前のような気分。今年の暑さもしつこそうですね。

おっきりこみうどん(0331)

20180331061240

ものすごく太いうどん、おっきりこみを初めてたべた。スーパーで買ったやつ。

20180331061232

一本一本がわたしの人さし指くらいある。なにせ太すぎてすすれないくらいなのだ。
おもいきりずぞぞーっと吸うのが麺類の醍醐味なので、うどんをぱくぱくたべるというのが違和感満載だな〜などと思っていたけれど、これがとても美味。香りの強い春菊と香ばしい油揚げもさいこう。おっきりこみ、またたべよう。しかし7本くらいでおなかいっぱいになる(笑)

しいたけまみれ(0326)

20180325082236

原木育ちのしいたけをたっくさんいただいた。めちゃくちゃ大きい。どれくらいの大きさかというと、

20180325082228

手のひらより大きいくらい!そして肉厚!うちでは母が天日干しにすることが多いのだけど、せっかく立派なものをいただいたので、このまましいたけ焼きに🌞


20180325082255

半分に切ってもこの大きさ。しいたけはシンプルに焼くのがいちばんおいしい。

20180325082244

しょうゆをたらして七味をかけて食べた。さいこう。いろんなきのこを家でたくさん育ててきのこづくしのごはんを食べるのが夢〜(えのき以外)(えのきの食感が苦手)

大胆なパッケージに弱い(0325)

20180325064458

コンビニで見かけたペヤングの期間限定焼きそば。わたしは画角いっぱいに食べものが敷きつめられている系パッケージを見かけると、気になってたいてい買ってしまうのです。大胆ですきです。ちまちましてない感じがとてもおいしそうでいい。

20180325064450

こちらも気になってたまに買う。役割的には地味な(?)乾燥わけぎも、なんだかダイナミックに。フチとかがなく、四隅ギリギリまで写真が印刷されているのが、吹っ切れていていい。

スーパーで見かけたこのグミも、こないだ買ってしまった。みずみずしくていかにもおいしそう。これだけを見るとよくわからないかもしれないけれど、こういう大胆なパッケージって日本ではあまりなく、お店のいろんな商品が陳列している中だとかなり目立つのです。マスカットとかいちごとかいろんな味があって、ぜんぶかわいい。


さらに、いま気になっているのがこのレシピ本。

ものすごくおいしそうでしょ。スタミナ飯だからガッツリ系かな?とぱらぱらページをめくったら、だいすきなアジア料理の本だったので、買おうかな〜と迷っている。

ヒヤシンスかヒアシンスか迷う(0322)

20180320044019

ベランダの一角に球根がひとつだけ置いてあって、「去年咲いて終わったチューリップの球根をここにとりあえず置いたんだろうな〜」と思った母が再び鉢に植えておいたのが数ヶ月前。ここ一ヶ月でにょきにょき茎が伸びて、どの種類のチューリップだろうな〜もうすぐ咲くなあ〜と楽しみにしていたら、なんとヒヤシンスが咲いた(笑)(笑)チューリップとヒヤシンスの球根&茎が見分けられない我が家。そもそも家族の誰もかつてヒヤシンスを購入した覚えがなく、これどこで手に入れたんだろう。。と疑問符を浮かべる毎日なのである(不遇なヒヤシンス)。

20180320044027

パープル&ブルーのグラデーションがすごくきれい!そしてとてもいい匂い。幼稚園のころクラス全員でヒヤシンスの水耕栽培をしたのをおもいだす。あれ、小学校のころだったっけな•••(不遇なヒヤシンス)。

無農薬野菜とゆれる椿(0321)

20180320024725

ちょくちょく行く無人の無農薬野菜直売所。山の上の畑に囲まれたところにある、ノスタルジーの風吹く一角。

野菜が長いあいだ高騰しまくってスーパーで買えなかったころ、近くの野菜直売所を片っ端から調べた。市に100カ所くらいある直売所でも、無農薬を謳っているところは3〜4カ所。少し遠いけれど、安いし安心だしおいしいしとてもありがたいのだ。

20180320024717

このときは収穫量がいまいちだったらしく、朝いちで行ったけどほとんど何もなかった。そんなときもあるよね。

20180320024709

お金はこのパイプに入れれば、見えないところに運ばれてゆく。とてもよい。おつりはもらえないので小銭をわすれるとつらい。

20180320033548

近くにある椿の木がかたいつぼみを付けて揺れていた。

20180320040208

そばには枯れて落ちた椿。生と死はいつも隣どうし。わたしはどうしても枯れたお花に目が行くし撮ってしまう。この重厚感とうつくしさ。

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。